仮想化基盤が適用しやすい環境

仮想化基盤が利用しやすい環境としては専用のハードウエアを利用していないことが上げられます。
仮想化は多くのOSが対応しており、対応していないOSをクライアントにする場合でもソフトウエア側での対応が進んでおり、かなりの動作速度が見込めます。
仮想化基盤で気になるのがリソースの利用です。

CPUにオーバーヘッドが生まれますのでハードウエアの機能をそのまま利用することはできません。

しかし、多くの仮想化アプリケーションがオーバーヘッドを少なくする機構を生み出し、また、CPU側でも仮想化支援機能が付いていることからリソースについてはほぼ問題なくなってきています。

また、仮想化基盤を利用する際、クライアント側のOSが正常かどうするかのテストが重要になります。テストにおいては現システムから吸いだしたハードディスクイメージを利用するケースが多く、イメージから仮想化用の領域にコンバートされて利用されます。

OKWaveの情報が必要な方必見です。

コンバートは忠実に行われますが、アプリケーションによっては最適化なども行われるので一部問題が発生するケースも多いようです。


特にグラフィックス関連は問題が発生しやすいこともあり、グラフィックスを多用する場合には注意が必要です。



仮想化基盤はほとんどのOSに対応でき、リソースの最適利用も図れます。

しかし、3D系やグラフィックスを多様するアプリケーションやハードウエアの利用するアプリケーションによっては動作が不安定なケースも多いので事前のテストが重要になります。