仮想化基盤が利用しやすい環境

仮想化基盤はどの企業でも利用しやすいとは言えません。

仮想化基盤を利用すると返ってコストが高くなる場合もあり、状況によって利用するかよく吟味する必要があります。仮想化基盤で重要なことは3つあると言われています。

1つはハードウエアからの脱却、2つ目は複数サーバの統合、3つ目はコスト削減です。ハードウエアからの脱却については汎用機などでよく言われています。

汎用機などのベンダーに依存するハードウエアを利用する場合、サポートは厚いのですが、コストが増大傾向にあります。

特にX86系のサーバが安く、安定していることから移行を考える場合に仮想化は1つの選択肢となります。
複数サーバの統合については仮想化基盤の得意技でもあるリソース配分が重要です。

ニュータニックスの様々な相談を受けることができます。

リソース配分についてはCPU、メモリ、ハードディスクなどがリアルタイムに変更可能です。



物理的なサーバがいつも高負荷であれば必要ありませんが、サーバごとにリソースの利用量はかなり異なるのが通例であり、サーバの効率的な利用のために仮想化基盤はとても重要な要素となっています。

コスト削減については物理サーバの保守料、購入費、そして経費でもっとも高くつくのが人件費です。

サーバ削減やリソースの自動設定を行うことで人件費を大幅に削減できたという案件が多数あります。

また、サーバ保守用に振り分けていた人員をアプリケーションの開発要員に回すなど会社の限られているリソースの最適化もはかれると期待されています。

BIGLOBEニュースってとにかくお勧めなんです。