ステージの設営に絡む注意

ステージを設営する場合、その用途に合った組み立てが求められます。

どれも共通して安全性は必須条件で大がかりであればある程重要性が高くなります。水平な場所に設置することやまた一度にどれだけの人数や機材が乗るのかを考慮してその重さに耐えられる舞台に仕上げると言った事は舞台の設置には基本的なポイントになります。特にダンスを行う場合は通常のステージ設営をより強化した設置が必要です。

そして人気バンドならば、バンド内のパフォーマンスによるものやファンが暴走して設営したステージに上がったりもみ合いになってけが人が出そうな有様になることがあるので、そう言った対応をするスタッフの確保も求められます。組み立てる場合にプロの業者にお願いすることによって、知識や力のない一般人が行うよりはるかに時間が短縮できて安全性も高くなるので任せて安心な側面があります。

また舞台と客席のバランス具合も重要で、見栄えをあげたり使いやすい様にしたり一番後ろの客席からでも見る事が出来るような高さで誂えたりと舞台と客席との距離を適切にする点や、客席の並べ方をベストな状態にしたりと言ったところは使いごごちにも影響を与えることになります。

更に雰囲気に合ったデザイン性が高い作りや舞台にカーペットやパネルを敷いたり、設置している骨組みが見えないようにしたり、屋外なら雨が降った場合の対策をしたり、照明などの連携を考えた上での設置等もより良くする点となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *