ステージの設営のために必要なものをレンタルする

ステージの設営はまず、イベント用ステージレンタル会社に必要なものを借りるところから始めます。

このとき、気にしておきたいのがステージの高さです。高さは使用する会場によって決める必要があり、約200m~1450mの高さまで選べるようになっています。どのようなステージを設営するのかによって、借りるタイプも変えなければなりません。

学校の文化祭やコンサート会場で簡単にステージを設置したい場合は簡易的なものを、屋内で表彰などに使いたい場合はミニタイプを、自分たちで設営したり撤去したりを繰り返す必要があれば折り畳み式タイプが便利に使えます。自分たちで設営しない場合、レンタル会社に設営もお願いできないかどうか尋ねる必要があります。合わせてイベントの企画から運営まで依頼できる会社もあるので、コストをどこまでかけられるかで依頼内容を変えましょう。

他にも野外であればテントを設置しなければなりませんし、高さによってはステップ台も借りるようにします。ライトやフェンス、めくり台などイベント会場を作るのに必要な道具を揃えていきましょう。イベント会場を作るノウハウがない場合、自分たちで必要なものをすべて揃えるのは困難です。

失敗しないためにも、イベント用品レンタル会社に何が必要か説明を受けておきましょう。自分たちでは難しいと判断したら、初回のイベントだけでも会場づくりをイベント会社に依頼しておいたほうが無難です。だいたい必要なものが分かったら、次は同じようなものをレンタルして自分たちで設置するという方法が取れます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *