組み立て式のステージ設営とは

イベントなどで音響用のステージ設営が必要になった際、誰でも簡単に組み立てることが可能なシステムが話題を呼んでいます。

その方法とは、ライザーと呼ばれる折りたたみ式の脚を広げ、その上に天板を乗せるだけというもので、力の弱い女性や高齢者でも手軽に作業ができると高く評価されているのです。このシステムを開発したのは、音響関係で著名なメーカーで、画期的なステージの設営方法だと人気を得ているのも納得できます。

ライザーの上に乗せる天板は数多くの種類が存在し、四角形や三角形、円形のみならず階段用の天板まで用意されている充実ぶりを誇っています。異なる形の天板を組み合わせることで、ランウェイやお立ち台のような特殊なステージを簡単に作り上げることができるのです。また、ライザーの高さも複数存在しており、2段までは重ねることが可能なため、希望通りの高さに設定することを可能とします。

ライザーと天板をまとめて収納することができる専用ケースがあり、キャスターが付属されていることで手軽に移動させることができるのです。ライザーと天板は軽量化に成功しており、移動させることは決して重労働ではないといえます。さらにステージ設営で重要な強度にも自信を持っているため、音楽イベントなどでダンスをするような場合にも適しています。設営が簡単であり、人を選ばずに作業を行うことができる点が、利用者から高い満足度を引き出しているといえるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *