イベントの花形!ステージの設営は規模に合ったものを

野外コンサートやイベントなどの際に、来場者の注目を一身に集めるステージは、そのイベントの花形とも言える重要な役割を担っています。

しかしイベントの規模や来場者の人数などにそぐわないものを設営してしまうと、会場で浮いてしまったり来場者の人たちからよく見えないということもあったりします。そのイベントの規模に合ったステージを設営し、音響や照明などの機材を揃えることはイベントを成功に導く上でも重要な要素になりますが、知識や経験がないと最適なものを作り上げることは難しくなってきます。

そんな時はイベント運営会社やステージ設営を専門に取り扱っている会社に相談するとよいでしょう。プロの目で見て来場者数や会場の広さに応じた適切なものを提案してくれます。身内だけで行う小規模な行事などの場合は、自分達で組み立てのできる簡易型のステージを利用することもおすすめできます。コンパクトで保管しやすく、設営が容易なものが多いので、専門的な知識がなくても取り扱うことができ、繰り返し利用できるので規模に合ったサイズのものを購入すれば経済的です。

どのようなタイプのステージを設営する場合であっても、組み立ての際には細心の注意を払うようにし、檀上のがたつきや突起、ねじなどの固定器具のゆるみがないようにしっかりと組み立てましょう。適当に組み立てて取り返しのつかない事故を起こさないためにも、組み立てを行うメンバーの中に1人は組み立てに精通した人を配置したり、自信がない場合は外注したりするようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *