ステージを設営する際の注意点

学園祭やイベントを行う際には、イベントの中核となるステージを設営することが多いです。

行う予定のイベントが盛り上がりを見せ、観客にも楽しんでもらうためには、必要なスペースを確保した上で安全性にも配慮したステージを設営する必要があります。特設でステージを設営する場合は、設営を専門的に行っている会社に依頼したり、レンタルを活用して自分達で組み立てを行う方法があります。ステージの広さが大きい場合は専門の会社に依頼する方が安心してお任せできます。

レンタルする場合も素人では安全な組み立てを行うことは難しいため、レンタル会社からアドバイスなどをもらったりするのが望ましいです。どちらにしても、事前の入念な準備や打ち合わせなどを行っておく必要があります。事前準備としては、設営にあたる人の服装や道具を揃えるところから始めます。動きやすい服装であることはもちろん、手を怪我しないためには滑り止め付きの軍手を着用します。サンダルや草履など足先が出るような靴は履かず、できれば滑り止めがついた安全靴を履くのが望ましいです。

上から物が落ちて来る可能性も考えて、ヘルメットを着用しておくことも忘れないようにしましょう。作業場に入る人すべてが着用しておくことが大切です。高所で作業する人は、安全帯も着用します。作業中は安全を確保するために、声掛けを頻繁に行います。資材の受け渡しをする時は周囲の確認も怠らないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *